卒業生メッセージ

メッセージ その①

中学生の時、不登校になり、しばらくして母が私をなんとかさせたいと見つけたのがさかもと塾でした。最初は行く気がなく、先生に対しても感じの悪い態度をとっていましたが、それでも先生は最初から最後までとても優しく接してくれていました。その時よく私や母に先生は焦らなくていいよと言ってくれました。

高校生になり別の通信制の学校に通い始めましたが、また不登校になってしまい、焦って学校を決めてしまったからだと思い、塾に通っていた時に先生がいつでも来ていいからねとよく言ってくれてたのを思い出し、今度こそゆっくりやって行こうと思い、高校3年生からフリースクールさかもとに通うことになりました。

初めはとても人と関わることが苦手で別室で個別指導してもらっていましたが、先生や他の先生方、生徒さん達がとても優しく暖かく接してくれたので、全体の授業にも参加できるようになりました。

フリースクールでゆっくりステップアップをしてきたおかげで、今は短大に通えるほど大きく成長できました。

短大生になっても先生方はいつでも遊びに来ていいからねと言ってくれます。塾とフリースクールにいた時間は短かったですが、こうしていつでも行ける場所があると思うと、とても気持ちが楽になります。

本当にありがとうございました。

メッセージ その②

私は中学生1年生のときに風で休んだことをきっかけに授業についていけなくなり、小学校時代からの友人も通っていない中学校だったため学校を休みがちになりました。

高校の進路を聞かれた時も別に行かなくてもいいやくらいの気持ちで全く考えていませんでした。

3年生になった頃家族の集うで引っ越しをすることになり、こちらに引越してきたのですが、丁度さかもとの前を通りかかった時に母が「高校資格も取れるみたいだよ」と進められ話だけでも聞きに行こうと、さかもとに電話をしてくれました。

最初は凄く人見知りをしてしまっていて先輩ばかりで馴染めなかったのですが、5月の釣りやオープンスクールなどの行事に参加するにつれて先輩とも打ち解け仲良くなることが出来ました。

卒業前の懇談で1年生の時から1つのアルバイトを辞めず3年間頑張ったことを、誰にでもできることじゃないよと認めてもらえたことが凄く嬉しかったです。

さかもとに通っていなければ友達もできなかっただろうし、何でもいいから一生懸命になることが大切だということも学べなかったと思います。

私はさかもとに通えて良かったと心から思っています。